2666_カバーOL.jpg

 

 

2666

ロベルト・ボラーニョ

白水社

2666

装画 ジュール・ド・バランクール

 

〈この前のやたら厚い本〉と人に言われたら

​だいたい2666だ。

 

バランクールはニューヨークの画家で

​日常から政治経済までを自由に描く

​遠景の画角が本をより大きく見せている

​背のタイトルを横組みにした自分が

​どこか照れくさい

 

ぶ厚くなくても

​本が直立する姿は悪くない

HOME